>> ネルシャツ

メンズ ネルシャツカテゴリの記事一覧

チェックシャツの腰巻

古着などチェックネルシャツを腰に巻いて楽しむ人も多いですが、特に巻き方などは決まっていないようです。

ネルシャツを腰に巻くとなると、前結びか後ろ結びかの違いだけでしょうか。

ネルシャツを腰に巻くことには、コーディネイトとして、暑くて、サイズが大きくてなどの理由が考えられますが、2006年の流行の中でネルシャツを腰に巻く人も地域によって多かったようです。

少年少女などは走ったりスポーツしたり良く動くので、暑くてシャツを腰巻にする人も多いようですね。

また、ビンテージのアメカジファッションとして、ジーパンにチェックネルシャツを合わせて、腰巻にすると言ったコーディネイトを楽しむ人も見かけます。

街ではこのようなビンテージ風アメリカンスタイルでバイクに乗っている男性もおり、結構目立ってかっこいいですよ!古着のネルシャツを腰巻にするのもいい感じです!

ただ赤チェックネルシャツを腰の前で結んだ場合、遠くから後ろ姿を見ると、スカートを履いているものかと思う人もいるかもしれませんね。

日本では男性がスカートを履く週間は昔から無いですが、イギリス・アイルランドなどでは、文化として男性がチェックスカートを履くことが普通となっているようです。

チェックフランネルシャツを腰に巻くときは、全体のファッションバランスも考えなければ、ただ単にかっこ悪く見えてしまう恐れもあるでしょう。

レディースのシャツの中には、ネルシャツ風のボウタイブラウスなんかも可愛くて人気があります。

チェックボウタイをたらす、リボン結びにするなど、ネルシャツの巻き方を色々とアレンジ出来るのも、メンズネルシャツにはない魅力でしょう。

リーバイスなどのブランド

nerusyatu01.jpg
メンズネルシャツのブランドには、木村拓哉が着てたナンバーナイン、T&Cや、リーバイスなどの有名ブランドや、ユニクロ、無印、ライトンなど安く購入できるブランド・ショップまで色々とあります。

一見同じようなネルシャツのチェック柄ですが、微妙に模様や色が違っていたり、フランネル素材ではなく、ただの綿を使っているものなど様々なようです。

また、値段もピン切で、安いメンズネルシャツでは2千円位から、高いメンズネルシャツでは4万円くらいのもあるそうですが、高級ブランド物では愛好家が即行で購入してしまうこともあるという話しです。

ビンテージ、リーバイスのネルシャツならライトンなど、取り扱っている店も意外と多いので見つけやすいです。

ナンバーナイン以外のメンズネルシャツで比較的人気のあるブランドでは、プレッジ、ダブルワークス、ウェアハウス、ビックマック、TMT、ネイバーフットですかね〜。

また、ハリウッドランチマーケットのネルシャツもパッチワークされてたりなかなか個性的なデザインで人気ありますよ!

ハリウッドランチマーケットには木村拓哉も着用していたBlueBlueブランドも沢山取り扱っていてなかなかいい感じです!

メンズネルシャツを扱う店ではxlなどサイズが大きいものを扱っているところもありますが、意外と少ないですね。

S、M、Lを扱う店が大半ですが、GAPなどアメリカブランドはXLなど比較的大きいサイズが多いようです。

メンズネルシャツのサイズに関しては、普通体型ならジャストサイズでSやMが、体のラインも出てかっこいいです!